コンテックスの先輩たち

kontex 今治タオル

採用情報   社長からのメッセージ
小堀 孝之
営業部
小堀 孝之
●入 社/2014年
●血液型/A型
●趣 味/ボルダリング、旅行

お客様の声をモノづくりに繋げる

弊社は1951年より自社ブランドを立ち上げ、自社企画のモノづくりを行っております。営業部門は小売店様への営業促進だけでなく、市場の動向を把握すること、市場で目新しいものを見つけること、小売店様からの要望や声をモノづくりに反映させる重要な仕事です。
自社で企画し、販売を行うので自分たちの目で見て肌で感じながら市場のニーズに合わせ、本当によいものをお客様に自信を持って販売を行うことが出来ています。
研修の一環で実際に工場に入り機械を動かした経験や先輩社員との同行営業を経た経験を生かしながら営業活動を行い、お取引先様からご紹介した商品などで動きがよくなったとの声を頂いたときにはうれしく思います。
まだまだ日々勉強の毎日ですが、今後もお客様の声をモノづくりに繋げ、企業理念である「幸福の肌触り」を一人でも多くの方に感じていただけるよう努めていきたいと思います。

原田 結花
企画部
原田 結花
●入 社/2012年
●血液型/A型
●趣 味/読書

自社ブランドがあるからこそのモノづくり

タオルは毎日使うもの。この業界に入るまで、私はタオルの風合いや手触りについて考えた事もありませんでした。
一枚のタオルをつくるには様々な工程があり、そこにはたくさんの人が関わっています。
より良い商品を生み出す為には、様々な人とコミュニケーションをとることが必要です。そうやってたくさんの人が集まり、コンテックスのモノづくりを支えています。

商品にとって、もちろん品質は大切ですが私は商品企画をする時、つい手に取ってしまう、遊び心のあるモノを作りたいと考えています。

変化のスピードが速い時代。その流れに沿ったモノづくりをしなければなりません。
モノづくりのヒントは、日常の中にあり、遊びに行った先、雑誌や本の中、日々の会話の中など様々な所に隠れています。その些細なヒントを拾えるようなアンテナをはり、柔軟な考え方、広い視野を持ち続けて行くことが重要です。

冨田 絢香
企画部
冨田 絢香
●入 社/2011年
●血液型/A型
●趣 味/旅行

お客様の感性に少しでも触れるモノづくり

朝には洗った顔を、夜にはお風呂上がりに全身を…
タオルは毎日の生活の中で、あたりまえに使用する物ではないでしょうか。

【良いモノを見なさい】入社当初から言われ続ける社長の言葉。
弊社の企画部では、日本国内に留まらず、展示会や市場調査へと良いモノを見るチャンスをたくさん与えてくれます。

【良いモノ】と見極める力を養うこと。
織物の枠にとらわれず、様々な分野、視点から五感で刺激を受けること。
またたくさんの引き出しを持つことが、企画者としてはもちろん一人の人間としても大切なことだと実感しております。

弊社は企画・開発から、製造・出荷までを一貫して行っており、様々な分野を得意とする人々とコミュニケーション・連携をとる毎日です。お客様の感性に少しでも触れるモノづくりができるよう、誠心誠意努力して参ります。